失敗したくない!失礼にならない結婚式のドレス

  • -

失敗したくない!失礼にならない結婚式のドレス

お呼ばれドレスには注意が必要

大切な人から結婚式の招待を受けた場合、女性であればドレスを用意する必要が生まれます。ドレスは女性にとって憧れの衣装ですが、一方で日常的に着用する機会があるわけではありません。そのため結婚式でドレスを着る場合、気合いを入れた一着を選びがちですが、それはリスクもはらんでいます。結婚式はフォーマルなセレモニーであると同時に主役は新婦です。参列者が着用するドレスには礼儀上決まりがありますのでチェックしておきましょう。

最もNGな事とは何か

参列者が結婚式に着用するドレスには、社会礼儀上制限が存在しています。例えば黒いドレスはお葬式を連想するので着用が避けられているのです。一方ストールやボレロを派手にすれば黒いドレスは「有り」と言う意見も存在しています。こうした決まりは新婦と参列者の関係性によって変化すると言えます。一方花嫁と被ってしまう白いドレスの着用は絶対にしてはいけない事ですから注意しましょう。いかに花嫁が笑って許してくれたとしても、内心は傷付くものです。

衣装が象徴するものに注目する

結婚式はフォーマルな場所ですから縁起には気を付ける必要があります。例えばファーの着いたドレスは豪華ですが、動物の殺生を象徴しますので忌まわしい意味があります。結婚式のように晴れやかな場所に着用して行くのは危険ですのでやめましょう。結婚式には新郎新婦の親族も出席しています。そうした人達は、友達を通して新郎新婦の品格をチェックしていますので、ホストに恥を欠かせないためにも注意しましょう。特に派手な露出は避けるべきです。

ドレスの着こなし方については、若い女性にとって悩ましい問題として捉えられており、経験者の意見を上手く取り入れることが有効です。